ひきこもりに関する相談(訪問)を行います。

皆さん、お久しぶりです。暑いですね(´ー`)y-~~

ところで、前から準備していたひきこもり支援活動を行います。

具体的には・・・

地域:さつま町、薩摩川内市、阿久根市、出水市

料金:各地域一律3000円 (相談支援50分2200円、交通費片道400円)

対象:ひきこもり当事者、家族共に

ひと月あたりの相談組数:1か月あたり6組程度

ネット(スマホ・PC)上の居場所(discord)も作成済みです。

興味を持った方は hikikago@gmail.com まで、連絡ください。お問い合わせも受け付けます。

期限は設けませんが、相談が多数あった場合には、順次募集を締め切ります。

※どの方も初回の相談支援は無料とします。・・・個人的に公園散策が趣味なので、公園などで会ってお話し出来ればうれしいです。

さて。。ひきかごのひきこもり相談の流れを簡単に記します。もちろんこれは、当事者のケースにより期間は変わりますので・・・あくまでも目安です。

 

  • 家族と当事者の自分の足で回復したと実感するまでに数年はかかりますが、それまで地道に相談を行っていきます。。
  • 当事者は1回目から社会へ出る事で、「ひきこもりから抜け出した」・・・という事にはなりにくいです。なのでサポートを長期間にわたって続けていきます。
  • ひきこもりから抜け出す方法は、家族か当事者どちらかが変わる(価値観が変化する)事で、徐々に相手も変わっていくものです。
  • なので、ひきこもり相談の要諦は①家族と当事者の自主性を守る②主にひきこもり当事者が楽になるように環境を作っていく(1~2年かかる)③当事者が何らかのアクションを起こし始めたらひきこもり当事者の相談を行っていく・・・という流れです。

そんな感じでひきこもり相談をやっていきます。

 

ちなみにひきかごに繋がるメリットは・・・

①なるべくお金がかからない、ひきこもりから抜け出す方法を知る事が出来ます。

②精神障害者ピアサポーターをやっていたおかげで、公共機関との繋がりを現在も持っています。基本は当事者の希望に合わせますが、僕からの提案になる場合はだいたい公共機関に連なる施設(社協・作業所etc・・・)を模索していきます。

③精神病を患っている場合の北薩地域の精神病院の情報交換が出来ます。

 

とりあえずこんな感じです。

 

それでは、気長に行きましょうね。。

 

そして、何かわからない事、困った事があれば・・・

hikikago@gmail.com

までメールをくださいな。

それではよろしくお願いします(´ー`)y-~~

 

人生の旅人 の最新記事8件