MONTH

2020年2月

かごしま8050ネットワークに加入しました。

皆さんこんにちは。 鹿児島県のテレビや新聞・・・いろいろ騒がれていますが、正式にひきこもりを助ける鹿児島全域のネットワーク「かごしま8050ネットワーク」が正式に始動しました。 僕は、「かごしま8050ネットワーク」の会員であり、設立会議の第一回から参加しています。 さて、まずは・・・「かごしま8050ネットワーク」がどんなものかというと・・・まぁ、ホームページを見てもらうのが一番手っ取り早いです […]

地元でのひきこもりを助ける仕事(無償ボランティア)について

皆さん、お久しぶりです。 まだ、公的機関の関係各所に根回しは、完全には終わっていませんが、僕のひきこもりを助ける仕事の案を公開します。 さつま町における、ひきこもりを助けるボランティアについて 基本方針 現在僕は、無償ボランティア活動として、ひきこもり支援を考えています(かごしま8050ネットワーク会員として)。ただし、無償のボランティアとして交通費・活動費 計500円 請求します。これは僕の負担 […]

訪問記① わおん鹿児島さん

  皆さんこんにちは。 今回は初の試みとして、「人生の旅人(いつも・・・そう名乗っていろんなところに行ってます)」として、鹿児島県のひきこもりにとっての選択肢になるような場所をレポートしていきます。 今回は、鹿児島県吉野にある「わおん鹿児島」さんです。 まずは、ホームページから紹介します。 https://ant-hopper.sakura.ne.jp/ もし、僕の記事を読んでもらって興味を持った […]

ひきこもりの回復に必要な環境

みなさん、こんにちは。   今回は、ちょっと見方を変えてひきこもりの親御さんに向けて記事を書こうと思います。ちょっと硬い内容になりますのでご容赦ください(´ー`)y-~~   この前のひきこもりの講演会で印象に残ったことを思ったままに書くと・・・   まず、ひきこもりは長期間続いても回復できるという事。   例えば・・・とある県のひきこもり相談機関では、ひき […]

ひきこもりと家族

みなさん、こんにちは。   じつは、ひきこもりのとある講演会で、・・・いろいろアイデアを得る事が出来たので、その事と僕の考えと共に思いつくままに話していこうと思います。   さて、今回は「ひきこもりと家族」についてです。   ひきこもり当事者の精神状態にもよりますが・・・結構、ひきこもっていると親との関係がギクシャクしている・・・というか壁を作っているという話はよく聞 […]

失敗は成功のもと

こんにちは(´ー`)y-~~   今回はことわざ「失敗は成功のもと」について、僕の考えを話しますね。   僕は若い頃・・・失敗が経験だと思い、いろんなことにチャレンジをしていました。   でも、そんなチャレンジも自分的に見てよい結果だったとは思えません。   その一番の原因は、自分の失敗を「人(状況)のせい」にしていた事。   僕の場合であれば、失 […]

ぼくがひきこもりから抜け出した要因

今日は、僕がひきこもりから抜け出した一番の要因について話そうと思います。   実は、僕は埼玉県にいた頃、埼玉県の「若者自立支援センター埼玉」や「KHJ埼玉」に出入りしていましたが、そこで出会うのは僕と同じ境遇のひきこもりの友人でした。   もちろん、そういったひきこもりの友人との関わりもちょっとは自分のプラスになりましたが、何か物足りない・・・っていう気持ちもありました。 &n […]

こころのアンテナを育てる事(ひきこもりから抜け出す下準備)

こんにちは。   今回は「心のアンテナを育てる事」について話してみようと思います。   僕がひきこもっていた頃は、自分のしたいことが全く見つからずに・・・親には「自分の好きな事を仕事にすればいいんだよ」と言われていたのですが、それが全く分からないでいました。   PCは持っていたので、ネット検索は出来たのですが・・・自分の思ったような情報も得られないし、今思うと情報を […]

ひきこもりから抜け出したという実感

みなさん、こんにちは。   今日は、僕がひきこもりから抜け出したという実感について話そうと思います。   たまたまの巡りあわせが良かったのか、僕はひきこもりから抜け出して2年ちょっと経とうとしています。   今までの自分とは違う点は、「失敗したらひきこもればいい」ではなく、「失敗したら、少し休んでやり直せばいい」という考えになった事です。   ひきこもってい […]

小さい頃、他人と喧嘩する事を恐れていました。

まぁ、せっかくひきこもり考察のカテゴリがあるなら、ひとつだけは投稿しておきましょうか(´ー`)y-~~   さて、本題ですが・・・僕は今まで他人と殴り合いの喧嘩をしたことがありません。   人と争う事、そのものにとっても恐怖を感じていました。   そういう訳かどうかは解りませんが、自分の本音をさらけ出すのも出来ずにいたな・・・小学生のころから自分を強く見せる方法を知っ […]